人間関係のマトリックススタディーグループの打ち合わせ

こんにちは、大城ゆうです。

先日、これから一緒に講座をやるファシリテーター仲間の渡邊陽子さんと打ち合わせをしてきました。
陽子さんとは1年半ぶりに会って、3時間ほど打ち合わせました。

陽子さんはファシリテーター向けの講座の同期で、以前もお伝えしましたが、5人のお子さんをお持ちの母親です。
自分とは違い、自立寄りなので場を動かすパワーが強いタイプです。

コーチングもされていて、会ったあとですぐに「スッキリしてるね」と言われました。
以前はどういう方向で行くのかハッキリしない状況だったということもあり、「表情がくもっていた」とのことでした(僕のこと)。

最初は近況を話したり、1年半何をしていたのか、これからどんなことをしていきたいのかを話し、自分の意向として、ペアでマトリックス講座を全10回やりたい旨、講座の前後で打ち合わせをしたい旨を伝え、陽子さんの意向も聞いて講座の内容を共有しました。

陽子さんは京都に住まわれていて、以前僕も京都に住んでいたので、当初はこれから一緒にマトリックス講座ができると思っていたのですが、

あまり関わる機会がなく、今回一緒にやることになって、少し不思議な感覚です。

これから何もなければ・・・><、月1で大阪で開催していきます(何もない予定><
先のことは分かりませんが、方向性は定めつつ、目の前のことにがむしゃらに取り組みたいと思います。

次回の人間関係のマトリックス講座は
4/13(土)10:0012:00
大阪なんばの会場で、朝ちょっと早いですが、来られる方は楽しみましょう♪

テーマは「人間関係のマトリックスとは何か?」です。

第1回目のテーマで、より初めての方が参加しやすい内容です。

これまで学習してきた方も改めて復習の場にしてもよいですし、新しいペアを見に来てもいいですし笑、人間関係をテーマにしておしゃべりしに来てもよいです。

一通りの流れはあるので、流れに沿って対話していきましょう^^
今回は自分がメインの進行です。

改めて、新しいペアでのマトリックス講座をよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

親子なのに「理解できない」を解決するカウンセラー | 離散家族だったところから両親と再会し、それまでの後悔と疑問が解けた経験から、関係改善までのコミュニケーションプロセスをアドバイスしています / 父とは所在地不明なところから再会しました / NLPマスタープラクティショナー