何を言われても「はい、はい」と人の言いなりになる人よくいますがこういう人ってなんで否定しないのだと思いますか?

何を言われても「はい、はい」と人の言いなりになる人ひょくいますがこういう人ってなんでひちしないのだと思いますか?

今回の質問です。

何を言われても「はい、はい」と人の言いなりになる人よくいますがこういう人ってなんで否定しないのだと思いますか?

この質問に対して以下のように回答しました。

文面から判断するに、質問者さんは、「質問の中に出てくる方」ではないように思うのですがいかがでしょうか?

第3者の方なので、ご本人(言いなりになって否定しない人)がご自身で問題と感じていないのであれば、問題ないかと思うのですが、「言いなりになるのが嫌だけど言いなりになっている」状態なのであれば、改善する必要があるかなと思います。

これを分かりやすく表現したモデルが人間関係のマトリックスで表現されています。

[blogcard url=”https://ohshiroyu.com/hmatrix1/”]

意図的にやっているのであれば問題ありませんが、ずっと同じパターンを繰り返してきているのであれば、その力学を変化させるとこれまでと違った世界の見え方になるだろうと思います。

もしこれまでの人との付き合い方で、その反応が染み付いてしまっているのであれば、人間関係のマトリックスを活用し【実際に言葉にすること】でその関係性を変化させることができます。

普段使っている言葉が、ご自身の考え方に大きく影響を及ぼしています。

普段自分にかけている言葉(独り言)もその一つです。

したがって、言葉を変えることで「否定しない自分」も変えることができるのです。

もしあなたが言いなりになることを変えたいのであれば、「言葉を変えること」がその助けになります。

人間関係のマトリックススタディグループでは、実際にその変化の体験をすることができますので、もしよかったら足を運んでみてください。

何度もお伝えしますが、ポイントは「言葉を変えること」です。

[word_balloon id=”1″ position=”R” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false” box_center=”false”]相手がいなくても声に出して言ってみるんやで[/word_balloon]

ABOUTこの記事をかいた人

親子なのに「理解できない」を解決するカウンセラー | 離散家族だったところから両親と再会し、それまでの後悔と疑問が解けた経験から、関係改善までのコミュニケーションプロセスをアドバイスしています / 父とは所在地不明なところから再会しました / NLPマスタープラクティショナー