覚えられるような言葉をかけられる事がどうも苦手です。

覚えられるような言葉をかけられる事がどうも苦手です。

今回の質問はこちら↓

仕事とかだとなんともないのですが、そうでないときに何かしらの店に入り用を済ませて出るときに、「いつもありがとうございます」のような、覚えられているような言葉をかけられる事がどうも苦手です。

別に悪い事ではないのでは?気にしないようにしよう。と思っているのですが、なんらかの気の持ちようで沸かなくなるものなのでしょうか。

この質問に対して以下のように回答しました↓

「覚えられているのが苦手」「人から見られている気がするのが苦手」という風に置き換えられるのかなと思ったのですが、どうでしょうか?

ツイッターでの回答にもあるように、「なぜ覚えられているのが苦手なのか」ということをもう少し見ていくとよいように思います。

過去の記憶がよぎっているのか、ただ単にその人が好きではないのか、を自分に確認していくとよいかもしれません。

確かめ方としては、特定の人だけに苦手意識が出てくるのか、仕事以外の入り用で覚えられることに苦手意識が出てくるのか、ということを都度確認していくのはどうでしょうか?

特定の人だけであれば、そのお店に行かなければよいし、仕事以外の用事という部類で苦手意識が出るのであれば、あまり深掘りし過ぎるのはやめて、トラウマセラピーなど受けてみてよいかもしれません。

動きながら考察してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

親子なのに「理解できない」を解決するカウンセラー | 離散家族だったところから両親と再会し、それまでの後悔と疑問が解けた経験から、関係改善までのコミュニケーションプロセスをアドバイスしています / 父とは所在地不明なところから再会しました / NLPマスタープラクティショナー