プロコミュニケーションスクール61期の最終授業でした。

アフターパーティー

昨日はプロコミュニケーションスクール61期の最終授業でした。

かれこれ2年かけて2周したスクールなのですが、授業に行くたびに、聞いているはずの内容なのに新しいことを見つけたり、なんというか、底がないというか、奥が見えないというか、終わりがない学びの道程です。

↑なぜかと言うと、「人の数だけ心理学があって、それぞれにとって一致する心理学がないから」って先生が言ってて、「なるほどなぁ〜」と思いました。

便宜上(都合上)、人のカテゴライズがあるだけで、細かく見ていくとそれは7億パターンの心理的なモデルがあるんだなと思うと、それはもう果てしなくて、また同時に面白くもあるなと。

(↑7億というのは人口です。そんなにいるのか)

とりあえず、修了にはなったのだけど、一つの区切りがついただけで、あと肩書きがついただけでまたもう1周するつもり、というかもう1周します。

あ〜一緒にいる仲間がいて、またがんばろうと思える時間でした。

心からの感謝なのであります。

記念写真だよ

記念写真だよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

親子なのに「理解できない」を解決するカウンセラー | 離散家族だったところから両親と再会し、それまでの後悔と疑問が解けた経験から、関係改善までのコミュニケーションプロセスをアドバイスしています / 父とは所在地不明なところから再会しました / NLPマスタープラクティショナー