ひとりごと

今日はひたすらスライドを作っていた。
先週はセミナー用のスライド、今日は、というか日付的には昨日か・・・、自己紹介用のスライド。

「どんなデザインにしようか」というところから始まり、「スライド デザイン」で検索してみたり、「スティーブ・ジョブズのスライドってどんなんだっけ」と検索してみたり、あんまり凝ったデザインは、内容が伝わらないと思い、シンプルかつメッセージ性のあるものにしようと試行錯誤したり。

結局はシンプルなものにした。

あまりデザインを凝るという気持ちにはならないが、統一性は大切にしたいので、テンプレートを作って、同じスライド形式のものを10ページくらい作っていた。

その過程で、昔のデジカメで撮った、もう10年以上前になる写真を見返したり、その写真を見てそのときのことを思い出したりしていた。

そういえば韓国に行ったとき、遊覧船に乗って、妹にこんなこと言われたなとか、このときってどんな気持ちだったっけ?とか自分との対話が続いた。

スライドというか創作物を作るときは時間を忘れて没頭する。仕事上では時間があるので、クオリティと締め切りとの兼ね合いもあって、ただの作業になっているが、自分のものを作るときは、こうした方がいいかなとか、ああした方が伝わりやすいかなとか、これはあかんなとか、独り言が多くいつの間にか時間が経っている。

チラシを作るときや、名刺を作るときは8割くらいの仕上がりになって結局完成せずに終わって、納得いかないのでそのまま放置していたりするが、来週、自己紹介スライドは使用するので何とか今日完成させたかった。

昼過ぎ15時くらいかな、完成して、体を動かそうと思って、しばらくカフェを出て別のカフェをはしごした。

朝10時くらいから取り掛かって、ずーっと続けていたので、ちょっとの時間はPCとお別れし、『NLP ヒーローズジャーニー』という本を読んでいた。人はどのように癒されていくのか、NLPのワークでどのように変化するのか、天才セラピスト2人のワークショップを書き起こした本だ。

コミュニケーションスクールの先生がこの2人のセラピストのうちの1人について「天才」と言っていたので、とても気になっていた。まだ半分も読んでいない。

途中、しばらく休憩して、またスライドに取り掛かる。

夜9時くらいになって、再びスライドの続きを見るが、素っ気ない、味気ないスライドに退屈感を感じ、少しデザインを変更した。それから自分の写真を入れて、プロフィール欄を埋めて、何度も再生する。

「練習、練習、練習」

スティーブ・ジョブズのスライドを検索したときに、どこかのサイトに書いてあったけど、ジョブズのプレゼンは何度も練習していたみたいだ。やっぱり練習しないと上手にならない。練習しよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

親子なのに「理解できない」を解決するカウンセラー | 離散家族だったところから両親と再会し、それまでの後悔と疑問が解けた経験から、関係改善までのコミュニケーションプロセスをアドバイスしています / 父とは所在地不明なところから再会しました / NLPマスタープラクティショナー