先週はコミュニケーションスクールの授業でした。

先週はコミュニェーションスクールの授業でした

先週はコミュニケーションスクールの授業でした。

毎月通ってかれこれ2年になりますが、話を聞くたびに新しい発見があります。

先生が言っていることは同じなのですが、理解が追いついて、記憶に残っているフレーズの意味がふと分かったりするのです。

コミュニケーションスクールでは、NLP、禅、コーチング分野を扱っています。

コンテントフリーなので、悩みの内容を聞かずに悩みを解消するのです。

最初は「そんなことできるのかよ」って疑い半分、興味半分でしたが、授業でならう体感ワークの手順を踏んでいくうちに「言ってることはどうやら間違いなさそうだ」に気持ちが変化していきました。

著書『7つの習慣』に「刺激と反応の間」という言葉がありますが、そこに介入していくわけです。

RAS(ラス)と呼ばれる、人が持っている物事の見方のことです。

「人間関係のマトリックス」もそのRASの見方を見事に表現しているものだと思うのですが、個人の印象としてはもっと抽象度の高い世界を扱っていると感じています。

いずれこれらをまとめたコンテンツを作るつもりなので、楽しみにしていてください^^

ABOUTこの記事をかいた人

親子なのに「理解できない」を解決するカウンセラー | 離散家族だったところから両親と再会し、それまでの後悔と疑問が解けた経験から、関係改善までのコミュニケーションプロセスをアドバイスしています / 父とは所在地不明なところから再会しました / NLPマスタープラクティショナー