言葉が持つパワーを体感する

言葉が持つパワーを体感する

昨日は人間関係のマトリックススタディグループの事前打ち合わせでした。

ファシリテーター仲間の渡辺陽子さんと、3回目の開催になります。

3回目になってくると要領もつかめてくるので、お互いの進め方、スタディグループに対しての考え方などもすり合わせがはかどります。
(自分の場合、【事前打ち合わせ→本番→反省会】のサイクルは欠かせず、質にこだわりたいので「ぶっつけ本番はやらない」という考えです)

最初は近況のシェアを。
それから自然とお互いの仕事の話しや、これまでのこと、これからのことの話しになります。

今回のスタディーグループから実習ワークが入ってきて、寸劇があります。

毎回恥ずかしさはあるのですが(笑)、同じ言葉を言うのでも、トーンや語気の強さ、言葉の伸ばし方でもポジション(相手との力学)が変わります。

それを演じて解説するというハードルの高さはあるのですが、過去の参加者さんの中でも、実感した人は一気に表情が変わります。
そのくらい言葉の持つパワーはすごいんですね。

今回のパートナーシップ回以降、ワークが入ってくるのでピンと来た方はぜひご参加を。

詳細はこちらです。

ABOUTこの記事をかいた人

親子なのに「理解できない」を解決するカウンセラー | 離散家族だったところから両親と再会し、それまでの後悔と疑問が解けた経験から、関係改善までのコミュニケーションプロセスをアドバイスしています / 父とは所在地不明なところから再会しました / NLPマスタープラクティショナー