内的対話を書き出してみる

こんにちは、大城ゆうです。

忙しくなると自分のことを後回しにしていませんか?

やることが多いと、気持ちが置き去りになりがちです。

そんなときにおすすめなのが、「自分にどんな言葉をかけているのか」を書き出してみること。

自分の内面を書くことは、自己洞察力を身につけるのに非常に役立ちます。

自己洞察力を身につけることで、精神衛生を保つことができます。

1日の終わりに

・良かったこと
・改善点
1日に点数をつけるとしたら何点だったか

を記録してみてください。

無理にポジティブになる必要はありませんが、物事の良かった点を捉えることは、視点を切り替えるきっかけを与えてくれます。

忙しい時ほど時間を取って、内的対話を振り返ってみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

親子なのに「理解できない」を解決するカウンセラー | 離散家族だったところから両親と再会し、それまでの後悔と疑問が解けた経験から、関係改善までのコミュニケーションプロセスをアドバイスしています / 父とは所在地不明なところから再会しました / NLPマスタープラクティショナー