感動を追体験する

こんにちは、大城ゆうです。

感動は再現性あるものにすることができます。

あなたはこれまでどんな感動体験をしましたか?

夜景を見た時、美味しい料理を食べた時、友達にプレゼントをもらったとき、パレードを見たときなど。

感動体験の臨場感は視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚に支配されています。

言い換えると、私たちが感動した体験は、そのとき見たもの、聞いた音、感じたこと、味わったこと、においだものに支配されています。

その中でも特に、「見たもの」「聞いたもの」「感じたこと」をピックアップします。

あなたが感動した体験を分解してみてください。

その時「何を見ていたか?」「どんな音を聞いていたか?」「どんなフィーリングだったか?」これらを言葉にすると、臨場感高く感動を追体験することができます。

言語化することで、その時の感覚がよみがえってくるはず。感動体験はこれらの質問で、ある意味取り出すことが可能になります。

ぜひ、試してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

親子なのに「理解できない」を解決するカウンセラー | 離散家族だったところから両親と再会し、それまでの後悔と疑問が解けた経験から、関係改善までのコミュニケーションプロセスをアドバイスしています / 父とは所在地不明なところから再会しました / NLPマスタープラクティショナー