悩みは暇から生じる

こんにちは、大城ゆうです。

悩みは「暇」から生じます。必要なのは、「悩む」ことではなく「目標を定める」こと。

悩む人はずっと悩んで行動せずに、人生の時間を浪費しています。

以前の僕もそうでした。

久しぶりに会った友人に「ゆうは変わったね」って言われました。何のことかを尋ねたら(僕は)「いつも悩んでた」とのこと。

でもこの考え方を知って発想が変わりました。

——————————

「悩みは暇から生じる」

そして、悩みから解放するためにすべきことは「目標を定めること」

——————————

やることがあれば、人は悩みません。

目標を定めたら、現状と理想のギャップが生まれます。そのギャップを埋めるためにやることが「悩み」、つまり「暇」からあなたを解放してくれるのです。

悩んでいる人のことを思い浮かべてください。

うつむき加減で、体が縮こまっていますよね?やることがないと、人は「悩むこと」をやります(実行します)。そしてその通りに体をつかいます。

体が縮こまると行動できなくなり、悩みに入るのです。

【悩みに入って行動しなくなり、また悩みに入る】という無限ループを繰り返しています。

「むやみに行動しろ」というわけではありませんが、やることがないから時間を埋めるために、自ら「悩み(暇)」を作り出しているわけです。

暇を作らないためにも「目標を定めること」をおすすめします

参考にしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

親子なのに「理解できない」を解決するカウンセラー | 離散家族だったところから両親と再会し、それまでの後悔と疑問が解けた経験から、関係改善までのコミュニケーションプロセスをアドバイスしています / 父とは所在地不明なところから再会しました / NLPマスタープラクティショナー