結果を出す行動に集中する

結果を出す行動に集中する

こんにちは、大城ゆうです。

今日は、「結果を出す行動に集中する」という内容について書きます。

幸せに成功している方たちを見て思ったのは、「行動に無駄がない」ということです。自分が立てた目標に向かって、毎日振り返りと行動計画を立てています。
その取り組みは、非常にシンプルに感じました。

「行動の無駄を減らす」取り組みの一つとして、1日の終わりに良かったこと・改善点・目標に向けた明日の取り組みなどを言語化しています。

振り返る時間を持つことで、具体的な行動が明確になり、無駄がない行動が可能になります。

僕自身やってみて思ったのは、「思考のエネルギーの無駄も減らせる」と感じました。次やることが明確なので、考えないといけない作業で力を発揮することができるのです。
思考の必要があるところで考えるので、それ以外のことには頭を使わなくて済みます。

エネルギーの総量にも限界がありますから、計画することは無駄を省くことにも通づることを感じました。

今日は「結果を出す行動に集中する」ということについて考えてみました。

それでは^^

ABOUTこの記事をかいた人

親子なのに「理解できない」を解決するカウンセラー | 離散家族だったところから両親と再会し、それまでの後悔と疑問が解けた経験から、関係改善までのコミュニケーションプロセスをアドバイスしています / 父とは所在地不明なところから再会しました / NLPマスタープラクティショナー