悩んでいる時は話す

自分勝手な家族で、皆バラバラ。

一緒に居たくないから食事は買ってきて、自分の部屋で食べている。
いつも家族にイライラしている。また、話せる人がいない。

などの場合、【人に話す】ということが一番最初にできることだと思います。

まさに「悩み」が「自分」と一体になっていて、主観者としての見方でしか見えない状態なので、自分で自分のことを把握するためにも人に話すとよいです。

話せる人がいないといっても、カウンセラーに相談してみる、専門機関を訪ねる、youtubeやブログを検索して「この人なら話してみようかな」と思った人にアプローチをかける、バーに行ってみるなど、話を聞いてくれる人は必ずいます。

悩んでいるときは、なんでもいい、本音で話すということ意識してみてください。
本音で話すと、相手も本音で話してくれます。

ABOUTこの記事をかいた人

親子なのに「理解できない」を解決するカウンセラー | 離散家族だったところから両親と再会し、それまでの後悔と疑問が解けた経験から、関係改善までのコミュニケーションプロセスをアドバイスしています / 父とは所在地不明なところから再会しました / NLPマスタープラクティショナー