相手の本音を知る方法

コミュニケーションをしている相手がいる場合、相手のより本音に近いメッセージは見ることでそれを知ることができます。

これをNLPでは「カリブレーション」と言います。(※英語表記で「calibration」日本語では校正するという意味)

相手の表情目の動き目の鋭さ口角が上がっているか下がっているか呼吸の深さ貧乏ゆすりをしている腕(足)を組んでいる声のトーン声の大きさ話すスピードなどです。

言葉では「緊張していない」と言っている人が、声が震えていて、表情が青ざめている場合、どのようなメッセージを受け取りますか?

おそらく「緊張していない」のは言葉だけで、実際の状態は「緊張している」と思います。

ある時、スクールの授業でデモンストレーションをしました。

面と向かって話をしている時に、言葉のやり取りはスムーズなのですが、体を横に向けて違う方向を向いて話すと、相手は「興味を持って話を聞いているよ」と言葉では言っているのですが、実際は「興味がないのだろう」と多く人が思うのではないかと思います。

実際に自身も「興味がないんだな」という印象を受けました。

全ての人が同じ動作をするとは限りませんが、多くの場合、相手を「見る」ことで言葉以上の、より本音に近いメッセージを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

親子なのに「理解できない」を解決するカウンセラー | 離散家族だったところから両親と再会し、それまでの後悔と疑問が解けた経験から、関係改善までのコミュニケーションプロセスをアドバイスしています / 父とは所在地不明なところから再会しました / NLPマスタープラクティショナー